×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

こんな夜に

エコ情報 燃費 加速が良くなる

車の走りが新車以上に良くなる






車の走りが新車以上に良くなる?

これから紹介する方法はメンテナンスに関することですが


一般的には知られていない、裏技的方法と言えるでしょう。


実際は他サイト(複数サイト)で紹介されている方法ですが


知るきっかけとしてもらえれば良いかと思います。


250000km走行車に適用した効果はyoutubeで見て下さい。↓


250000km走行車に適用 2000rpmで2ton弱を加速(youtube)

250000km走行車 始動後安定(youtube)


私の知人が1年前に3.5Lクラスの新車を購入しました。

しかし先日車を買い換えると言い出しました。

わけを聞くと 買ったばかりの時はアクセルを少しふめば

気持ちよく加速していたのに

最近はかなり踏み込まないと加速しないんだ

燃費も悪いんだよと言っていました。

オイル交換をしても効果なし。

サービスに聞いても、普通ですよというだけです。

走行距離は15000km位です。

到底寿命とは思えません。

数日後その知人とわたしの車で出かけることにしました。

助手席に座っている知人が

わたしが運転している車のタコメーターとスピードメーターを

見ながら言いました、何でこの車の方が早いんだ?

というのは、わたしの車は知人の車の前のモデル

つまり古い型式の車なのです。

排気量はむしろ私の車の方が小さいです。

どちらもノンターボ、NAです。

当然ですよね、古いほうが早いなんて納得いきません。

この時に瞬間的に思い出したことがあります。

私は、加速が悪くなったなと思うと

この方法を行っていたのです。

それこそ今回紹介する方法です。

知人の車もこの方法で絶好調にしてあげました。

当然すべての車種で試したわけではありません。

しかし、くるまの基本的構造は100%近く同一です。

車は長年使っていると例外なく調子は悪くなりますが

機械相手ですので事は簡単です。

ディーラー系に限らず、修理工場では

この方法はあまりやりません。

なぜなら、この方法を実行すると

買い控えをする人が増えるからです。

また、故障ではなく緊急性が無いため

他の御客さんの故障修理の仕事が優先となるためです。

新車状態とは工場出荷時のことですので、1000km位 

走行後に各摺動部がなじんだ状態の方が

機械としてはベストなのです。   

しかし、2000km〜3000km走行後には   

適応する箇所の性能の低下は始まっています。   

つまり、両者をベストにすれば

新車状態かそれ以上の性能を維持できるのです。 

この方法はある程度の知識をもっている方なら

当たり前に思うようなことでしょう。

車を所有しているひとでこの方法を行っている人の割合は

0.1%にも満たないのではないでしょうか?   

一般的な点検(オイル、ベルト、クーラント、空気圧、ブレーキパッドの点検)

しか行ったことの無い人は、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

オイル交換等では感じることのできない変化を体感できます

どのようなもの?


走行距離200000q以上の車でもOK。

走行距離5000q以下の車でもOK。

ドライバーが使える人なら誰でもできます。

所要時間は30分位です。   

工具類の費用は1000円〜1300円です。

必要なものはドライバーが150円 ○○○は250円 ○○○は980円です。

これらはホームセンター等で簡単に入手できます。

各部の機械的な設定は変えません。

部品交換ではありません。

修理ではありません。

添加剤ではありません。

改造ではありません。

エンジンオイルの交換ではありません。

フラッシングではありません。

タイヤには関係ありません。

プログラムの書き換えではありません。

車検審査には全く影響しません。

部品の増減はありません。

デイーゼル車、ハイブリッド車でも適応できます。

燃費と加速が向上します。

何回でも使用できます。

5回使うとすれば、1回使用につきコストは600円弱です。

効果は走行距離で10000km位あります。

(注1)  20年以上前の車は適応できないものが多い。

(注2) この方法が適応される箇所以外での故障等がある場合は効果は小さくなります。
購入方法 (価格は2000円です)



購入方法




クレジット



特定商取引に関する法律に基づく表示





link link link link link

古い建物を背に